「ついで買い」がキーワード?!ダイエット中に食べたいコンビニフードの選び方

shopping-1165437_1280

コンビニフードと聞くと高カロリーな物を想像してしまう方も多いと思います。
コンビニ弁当やおにぎりなんかは単価もカロリーも高くダイエットには向きませんが
買い方ひとつでダイエットに繋がります。
そこでダイエット中に食べたいコンビニフードの秘密を紹介していきたいと思います。

コンビニフードの特徴を活かして賢くダイエット!

スーパーやコンビニなどで買い物をするお客の心理として「目的買い」と「ついで買い」という2種類に分けることが出来ます。
たばこなどの「目的買い」をしたお客にガムやコーヒーなどを「ついで買い」してもらうことで客単価をあげ利益に繋がるという考え方なのですが
コンビニフードは「ついで買い」をしてもらうように量やラインナップを調整しています。
この特徴を利用することで賢くコンビニを利用しながらダイエット中の食事をすることが出来るのです。
例えばパスタはサラダと一緒に食べてもらうためにお店で出される量などよりは少なくなっています。
サラダも同じでパスタやお弁当と食べてもらうために少量の物も多く並んでいます。
このことを利用して「ついで買い」用で献立を考えることでバランスよくカロリー計算をしながら食事を行うことが出来ます。

ダイエットにいい「ついで買い」商品の組み合わせ

パスタやおにぎり、サンドイッチやパンなど様々な種類のコンビニフードがありますが
これらの商品はカロリーが多くダイエットに適しているとは言えません。
特に手作りに比べてコンビニなどのものはカロリーが高くなりがちです。
やはりダイエットに効果的なものは野菜です。
コンビニで野菜といえばサラダしかないように思われがちですが最近はレンジアップして食べるスープに
野菜が大量に入っている商品が多く定番商品となっています。
インスタントではないので栄養もしっかりとれるうえにカロリーもインスタントより低めなので
サラダと一緒にスープをとることで満腹感と栄養とをバランスよく摂ることができます。
またお弁当に比べて値段も数百円ほど安いのも魅力です。
スープとサラダという「ついで買い」の商品で組み合わせた食事がダイエットには効果的なのです。

野菜以外にもある!「ついで買い」のコンビニフード

コンビニフードですっかり定着した麺類。
カップラーメンより手間もかからず手軽においしく食べられますがダイエットの天敵と言えます。
ついつい量を食べてしまいがちで高カロリー。
しかしそんな麺類にも「ついで買い」用のものが存在します。
ミニカップそばやミニ冷やし中華、ミニラーメンやミニうどんなど値段を半分ほどに抑え量を少なくした商品があるのです。
サラダやスープと組み合わせることで満腹間を得やすくなりより栄養もバランスよく摂ることが出来ます。
更にそばには内臓脂肪や中性脂肪、コレステロールを減らす働きもあるのでおすすめです。
カップ麺よりも量がすくなく栄養価も優れているので賢く組み合わせてダイエットに活かしましょう。

まだまだある「ついで買い」商品

最近のコンビニには調理済みの物だけでなく日配商品も多く置かれています。
コンビニ弁当としてお肉を摂るのではカロリーは高くなってしまいますが
日配食品の生ハムやサラダチキンといった単品を「ついで買い」して摂ることでダイエットをより効果的に行う事が出来ます。
ドレッシングや他の食材が入っていない野菜だけのサラダなども100円程度で買う事が出来るのでおすすめです。
出来上がった料理を買うのではなく調理前でもそのまま食べられる食材を組み合わせることで値段もカロリーも抑えることが出来ます。
通常出来上がっているサラダと同じぐらいの値段で野菜と肉類、ドレッシングを購入することが出来るので
ひと手間加えて自分の食べたい組み合わせで賢くダイエットに繋げましょう。

「ついで買い」のし過ぎには注意

少量だからと言って「ついで買い」をし過ぎると量がどんどん増えていってしまいます。
しっかりカロリーの計算やバランスを考えて食事をとることがダイエットに繋がるのです。
「ついで買い」商品を組み合わせてひと手間加えたりすることでダイエットをより効果的なものにしてくれます。
また食事の組み合わせを考えることで意識的にダイエットについても考えることになるので食生活の改善にも繋がります。

食べたいものを少量ずつとることが出来るのもコンビニフードの魅力です。
極力我慢せずに食べたいものをバランスよくとって賢く食事をしましょう。
コンビニにはバランスよく食事を摂ることが出来るコンビニフードがたくさん並んでいます。
そのコンビニフードを活かすことが出来るかどうかはあなたの意識次第なのです。

過度な食事制限をせずにダイエットしたい人は、下記の記事も参考になります。
痩せたいけど食べたい人のルール