運動してもダイエットの結果が出ないのは何故!?原因は食事にあるのかも…

running-573762_1280

運動をしているのにいまいちダイエットの結果が出ない…と思っている方はいませんか?
それは、あなたの食事が間違っているのかもしれません。
今回は、運動効果を高める食事について、メカニズムや効果的な食材などをご紹介します。

結果が出ないのは何で?そのメカニズムを解説!

まず、運動してから、お腹が減ってしまい、お菓子などをつまみ食いしたりはしていませんか。

頑張って運動をしても、それではせっかくの努力が水の泡です。

運動後、体の中では、筋肉が傷ついた状態になっています。
それを修復をするために、タンパク質を必要とします。
つまり、体が必要としているエネルギー補給が、運動後に必要になるのです。

ちなみに、運動中消費されるものは、ほとんど糖質になります。
そのため運動後は糖質を欲してしまい、ご飯やパン、お菓子などを食べてしまったり、糖質の多いドリンクを沢山飲んでしまったりするのです。

運動の消費カロリーとしては、そんなに消費していないにも関わらず、達成感と共に体が消費した糖質を取り戻そうとしているため、運動後についつい食べ過ぎてしまうのです。

食事以外に痩せられない原因について

今回、運動効果を高める食事についてご紹介しますが、痩せない原因として考えられることとしていくつか挙げておきます。
ダイエットはさまざまな要因の積み重ねが大切なので、もしもこの中で当てはまることがあれば、それらも改善することをおすすめします。

運動の消費カロリー計算を間違っている

ここを、過信しすぎて食べてしまう方がいます。
実はあまり消費されていない、という事を認識しておきましょう。

参考:カロリー計算(ダイエットピンキー)

食事制限している

栄養不足のため、代謝が悪くなっていると痩せにくくなります。

運動方法が間違っている

有効的に筋肉が使われていないと、せっかく運動していても消費されません。
インストラクターの方や、詳しい友人などに相談してみましょう。

姿勢がよくない

血の流れが悪くなり、老廃物が溜まりやすくなります。
結果、むくみや痩せにくい、などの原因になっています。

参考:美しさは姿勢から!太りにくい体質を作る4つの骨盤ストレッチ

お酒の飲みすぎ

お酒には、ほとんど糖が使われています。
もしも飲む場合も、食事とお酒を一緒に、というのも避けましょう。

朝食を抜いている

朝食は、体にとってとても大切なものです。
例えば、食事の時間に分泌されるはずのホルモン分泌が減少し、痩せにくくなります。

参考:ダイエット、便秘、睡眠に効く! 驚きの「朝ごはん効果」を専門家が解説

これを食べて運動効果をさらに高めましょう

それでは、まずは運動効果を高める食材について紹介します。

運動直後の場合

梅干し、レモンなどの酸っぱい系フルーツ

クエン酸が含まれる食品をは、運動で溜まった乳酸をアルカリ性に戻し疲労回復効果を期待できます。

アーモンド、ピーナッツなどのナッツ系

植物性タンパク質の含まれているものを摂取しましょう。
海藻類やほうれん草などにも含まれていますので、もちろん他の食材でも可能です。

運動後1時間以降の場合

体は傷ついた筋肉回復を求めています。
筋肉の回復を高めることを目的に食事を摂っていきましょう。

ここに挙げるもの以外にも、ビタミンやミネラルなども積極的に摂取しましょう。

タンパク質系の食材

肉、魚、卵などが挙げられます。
傷ついた筋肉を修復するのに大切になります。

糖質系の食材

糖質は炭水化物です。
お米やパンなど主食となる食品を摂取していきましょう。
ただし、あくまでも糖質です。取り過ぎは注意しましょう。

※運動後、筋肉は2時間でエネルギーに変わってしまうようです。
運動の効果を高めるためにもは、2時間以内に食事をするのが良いでしょう。

運動効果の高まる食材を使った料理とは

次に、先程紹介した食材でできるおすすめの食事をご紹介します。

ひじきの炊き込みご飯

ひじきは、満腹感を感じやすく、必要以上の糖質の吸収を抑えてくれる働きがあるといわれています。さらに、食物繊維も豊富で、便秘などの改善にもおすすめできる食材です。

そのため、ひじきと糖質であるお米は相性ばっちりです。
よく噛んで食べれば、いつもの気づいたら食べ過ぎていた!という気持ちを抑えることが出来るでしょう。

ささみと野菜の蒸し煮

ささみは、鶏肉の中で最も低カロリー、高タンパク質という素晴らしい食材です。
他にも、ささみに入っているアミノ酸で、疲労回復も期待できます。

今まで鶏のむね肉を使っていたものをささみに変えるだけで、カロリーも大分抑えられるでしょう。
そこに、野菜を加えることで食物繊維を摂取することで、満腹度もUPします。

ナッツ&ドライフルーツ入りヨーグルト

栄養価の高い食材であるナッツは、食欲を抑えてくれる働きもあります。
また、運動後は、血中糖度が減少して、甘いものを取りたくなります。
そんなときには、自然の甘さをもつドライフルーツが最適です。

そこに、ヨーグルトを加え、腸内環境を整えることで内側から余分なものを排出してくれます。

終りに

いかがだったでしょうか。

運動後は、食欲が出ない、という人も、焦らずに体が整うのを待ってみてください。
大体、30分ほどすれば落ち着いて食事できるようになるでしょう。

もしそういった状況の場合、自分の体にとって負担が大きいのかもしれません。
そこは、インストラクターの方などに聞いてみましょう。

今回紹介したこれらの食材や方法は、美容効果や疲労回復にも効果的なものばかりです。
すべて、今日から実践できるもの、気軽に手に入るもので紹介しています。

運動をしているのにいまいち結果が出ない人、または、もっと効果を出していきたい人は、ぜひ、今回の記事を参考にしてみてください。
きっと、今以上に美しい、理想の体が手に入れられるはずですよ。